女子卓球・福原愛選手の筆跡にみる「大器の相」

福原愛

ロンドンオリンピックの女子卓球団体戦で、日本が史上初めてのメダルを獲得しましたね。

準決勝まですべてストレート勝ち、決勝での中国との試合でも粘りを発揮して善戦しました。本当に立派な銀メダルだと思います。

なかでも、23歳にして卓球歴20年、これまでずっと日本卓球界の顔としてプレッシャーを受けてきた福原愛ちゃんの涙には、こちらも見ていてぐっとこみ上げるものがありました。

今回の彼女は、素人目にも、前回のオリンピックとは明らかに違ったブレない精神的強さがプレーに表れていたように思います。

では、銀メダル獲得記念に、愛ちゃんのサインの筆跡を診断してみましょう。

 

感覚の鋭い困難克服型

今回は、あえて古い筆跡をとりあげています。2004年と入っていますから、今から8年前、15歳ぐらいの時に書かれたものですが、「その年令にしてはずいぶん大人びた筆跡だ」というのが多くの人の印象でしょう。

筆跡心理学の立場から見ると、そこにはただ大人びているだけでなく、「やはり並の人ではない」と思えるさまざまな特徴が表れています。

まず、3つの文字の大きさに注目して下さい。

のびのびと描かれた「福」の次の「原」がぐっと小さくなり、「愛」が再び大きくどっしりと書かれています。

このように大きな文字と小さな文字を混ぜて書く人は、平凡な人生では満足できず、あえて苦労の多い道を選ぶ傾向があります。そして、そこでぶつかる困難に負けないエネルギッシュな大物タイプでもあります。あの松下幸之助氏の筆跡にも、同様の特徴があります。

「愛」の字には、かんむりや下部のはらいに、線が線を切っている部分があります。こうした特徴を「刃物運型」といい、感覚の鋭さや、スパっとした切れ味の良さを好む傾向を表します。板前さんや美容師さんなど、仕事で刃物を使う人の筆跡によく見られる特徴でもあります。

愛ちゃんの場合は刃物は使いませんが、小さく平たいラケットをシャープに操る動作には、それらの職業と共通点があるかもしれませんね。

「愛」の字の左右のはらいは標準よりもはるかに長く、マス目におさまりきれないはみだし型です。こういう筆跡の人は、型にはまった生き方を窮屈に感じます。より広い世界へ羽ばたきたいという志向はかなり強いでしょう。

左右のはらいの長さからは、「大舞台で輝ける資質」と「情の深さ」も読みとることができます。

大器の相はここにも!

最後になりましたが、特筆すべきは、なんといっても文字の中にある奥行と深さです。慣れた感じのくずし方もさることながら、これが、私が愛ちゃんの筆跡に驚いた一番の理由です。

「福」という文字の「田」の部分や、「愛」という文字を構成する線がかたちづくっている深い奥行き。これは筆跡診断において「人間的な深みや魅力」を表し、前述の大字小字型と同じく「大物相」といわれる筆跡です。こうした文字は、普通はある程度の人生経験を積んだ人でないと、なかなか自然には書けないものなのです。

この筆跡特徴は、人や情報やお金などを呼び込み、蓄積しながら他にも与えていける、エネルギーの好循環を生み出せる人であることを表します。

「天才少女」としてつねに大衆の注目を浴び、日本卓球界を背負い、勝つことを求められる特殊な人生を歩んできた愛ちゃん。

彼女がどれだけ多くのハードルを越えなければならなかったか、それは常人の想像を超えています。状況の複雑さや困難に耐える中で、人の何倍もタフな心身をつくらなくてはやってこられなかったでしょう。15歳の筆跡にはっきり出ている大器の相は、そうした経験から培われたものだと思います。

それから時を経て、日本でも世界でも輝かしい戦績を上げ、23歳になった愛ちゃんは、年齢よりも、そして私たちが思うよりも、はるかに老成していることは間違いありません。

ちなみに、こちらが、愛ちゃんの今年のサインです。

fukuharaairaketto最初に挙げたものと筆跡特徴はあまり変わりませんが、全体にまじめな感じの古いサインに比べると、肩の力を抜いて楽に書いているのが伝わってきます。

線がシンプル化して文字の中の空間も広がり、より外に対して心を開き、さまざまなものを受け入れる態勢ができているようです。「愛」の左右の長い払いと安定感は相変わらずで、ハートのワンポイントも。お洒落などにもますます興味がわいているでしょう。

次回のオリンピックは27歳で迎える愛ちゃん、卓球選手としても人間としてもますますの成長が期待されますが、今後どんな変化を遂げるにしても、安心して見守っていられる気がします。

2 comments

  1. 秋月美南 says:

    さとみさん、こんにちは^^
    とってもうれしいお言葉をいただき、ありがとうございます!

    奥行きのある字、そうですね、このブログではちょっと説明不足な感じですよね。
    せっかくリクエストしていただいたので、改めてわかりやすく書いてみたいと思います。
    その前にアップする予定の記事がいくつかありますので、
    少々お待たせしてしまうかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

    これからも楽しんでいただける記事を書けるようにがんばりますね!^^

  2. さとみ says:

    秋月さん、こんにちわ。
    いつもブログを興味深く拝読させていただいています。
    毎回更新が待ち遠しいくらいです☆

    今回の福原愛さんのお話もとても面白かったです。

    ところでごくたまにブログの中で出てくる『奥行きのある字』の話なのですが、素人にはどういうものが奥行きなのか、またなぜこの奥行きがあると「人間的な深みや魅力」があるという風になるのか分からず、ずーっと気になっていました。

    ですので、もし秋月さんのお時間のある時にでも、奥行きのある字の専門的な解説を詳しくしていただけないでしょうか。
    ぜひよろしくお願い致します。
    (o^∀^o)

コメントを残す