島田紳助氏の筆跡診断

島田紳助氏 筆跡

島田紳助氏の突然の引退が波紋を広げていますね。

島田氏が経営するお店のサイトに自筆の文字があったので、ごく簡単に筆跡診断をしてみました。

元々の画像も小さく、文字の細かい部分は不鮮明ですが、いくつかのはっきりした筆跡特徴が見られます。

左方向の払いが長い→成功した芸能人にはとても多い書き方で、目立ちたい、スポットライトを浴びて輝きたいという心理の表れです。

右方向の払いが長い→感激しやすく情が深いタイプに見られる特徴です。

横線と横線の間のスペースはあまりそろっていません。このように書く人は、理性よりも感覚を優先させがちな人です。

このへんまでは、視聴者が抱いている一般的なイメージに近いですが、また別の面を伺わせる特徴もあります。

横線と交わった縦線の頭部が、ほとんど上に出ていない→トップに立つよりも、参謀的な立場を好みます。腰が低く協調性がありますが、それが押しの弱さとなって表れることも。

文字が縦に細長い→おっとりした省エネタイプ。自分自身が動くよりも、「くるしゅうない。よきにはからえ」という感じ。

つまり、リーダー的立場にあっても、深層心理的にはぐいぐい人を引っ張っていくタイプではなく、人の上に立つよりも、むしろ支えるほうに回りたいはずです(これがタレントのプロデュースという部分ではプラスになったのではと思います)。

自我が弱いところがあり、誰とでも平気でぶつかれる人ではないでしょう。そして、根っからエネルギッシュに動きまわるというタイプでもないようです。

今回のことに関して言えば、そういう部分が、「強い誰か」「力のある後ろ盾」を求め、頼っていくことにつながった。。。と言えるかもしれません。

波瀾万丈型の相もみられる島田氏の筆跡。今後はどんな展開があるでしょうか?

2 comments

  1. 秋月美南 says:

    こんばんは^^
    はい、筆跡特徴を調べてみると、ある行動の裏に
    どんな心理が働いているかが見えてくるので。。。
    診断している自分も勉強になることが多いです^^

  2. ももぴっぴっ says:

    こんばんは。
    やはり筆跡には、あらわれているんですね(●^o^●)
    感心して記事見てました(・_・;)

コメントを残す