感情の整理整頓

かつての私は、居心地の悪いときに

何か他にすることがないかと探す癖がありました。

その頃、私はそんな自分を、行動的な人間だと勘違いしていました。

ところが数年前に、ある人に忠告されてから気づいたのです。

私は、逃げていただけだったのだと。

その人は私にこう言いました。

「動きまわるのはやめて、そこにすわりなさい」

今では、動きまわることで逃げるのをやめて

自らの思いや感情を抱いたまま、すわるようになりました。

(ナンシー・オハラ『心のクワイエットコーナーを探そう』)

 

今日は、いらない紙類をたくさんまとめることができて、スッキリ!

心の中のスペースも、こんなふうにサッサと整理できたらいいのにと思います。

居心地の悪い思いをしているなら、なおさらですね。

そういう時に動きまわるのは、実はけっこう簡単です。

じっとしていると今の自分の感情と向き合うことになる。それはいやだ!という焦りが原動力になって、行動へと駆り立てられるからです。

でも、それはしょせん一時しのぎにしかなりません。

しかも、後からよく考えると、本当にやりたいこととはズレたことをしていた……ということも多いものです。私にもそんなことがありました。

感情が整理されていない時には、直感らしきモノも、あまりあてにならなかったりします。

道草も回り道も、必ずしも悪いとは思いませんが。。。本来の自分らしいありかたを取り戻すには、ベースを整えることが先決です。

「整理整頓の第一歩は、まず不要なものを捨てることから」といいますが。

怒り、悲しみ、嫉妬など、自分を居心地悪くさせる感情とさよならするには、どんなに億劫でも、それを直視するしかありません。

直視すると言うとなんだか深刻な感じですが、要は、「自分の中にそれがある」と認めることです。

そういうものは、逃げれば逃げるほど追いかけてくるし、目をそむければそむけるほど重くのしかかってきます。でも、じっとそこにとどまって目を合わせれば、とたんにしゅっと縮んで扱いやすくなったりします。

いっぺんに全部なくならなくても、全然かまわないと思います。

とくに悲しみや喪失感といった感情は、それを十分感じきるのに時間がかかって当たり前です。急いで捨てようとすると心に負担がかかるので、けっしてムリはしないで。

手元に残った感情は、やさしくなでて、丸くしていきましょう。そして手のひらに乗るぐらいの大きさにして収納しておけば、ときおり取り出して眺めるうちに、やがて手放せる時がくるでしょう。

激動の2011年も、もうすぐ終わろうとしています。

否応なしに時は過ぎていきます。

心の部屋の整理整頓はなんとか今年のうちにすませて、静かな気持ちで来年を迎えられたらいいですね。

コメントを残す