山下公園で春のきらきらエネルギーにふれる

3月14日、確定申告書を提出しました。

ギリギリになってしまったと反省しつつも、スッキリ気分で、税務署の近くの山下公園をお散歩。

風の冷たい日でしたが、確かに春が始まっていました。

公園全体を見渡すとまだ冬景色に見えますが、花々をクローズアップで撮ると、春!という感じのきらきらのエネルギーが伝わってきて嬉しくなります。

調子に乗って、いっぱい撮りました。

3月25日から「全国都市緑化よこはまフェア」

山下公園の名物のひとつ、ローズガーデンの整備も進んでいます。

昨年の夏頃の、茎が伸びきってボーボーだった状態が嘘のように、スッキリ剪定されています。

バラはまだ一輪も咲いていません。ほかの草花が植えられるであろうスペースも、あちこち空いています。

種苗会社の車が何台も停まっていて、ヘルメットをかぶった人たちが一生懸命作業をしていました。

人の心を和ませる空間づくりのお仕事、いいですね。

あの人たちの頭の中には、もう、花盛りのガーデンの完成形があるんだろうなぁ。

どんなふうになるのか、今から楽しみです。

今年の山下公園が昨年と違うのは、桜の若木とチューリップの寄せ植えがたくさん登場していること。

海から一本裏側の散歩道を中心に、相当な数が並んでいます。

花が咲いたら、それはそれは美しいでしょう。

木箱の側面にはこんな看板が。

他のスポットとも連携して、「全国都市緑化よこはまフェア」というものが開かれるようです。

山下公園のきらきらは、これから本番

春の花で思い出すのが、綿の国星の主人公、チビ猫のこのセリフ。

<おばけのような桜が
おわったとおもうと
遅咲きの八重桜

すみれや
れんぎょう
花厨王

黄色い山ぶき
雪柳
なんとすごい
なんとすごい
季節でしょう>

子供の頃、確かに世界は日々驚異に満ちていました。

本当は今でもそうなのですけどね。

大きくなって、どうでもいいこと(大事だと思っているけど本当はどうでもいいこと含む)に気をとられすぎると、感性はどんどん鈍りますね。

春の植物たちの生命力にふれて、ひとりでも多くの人が、みずみずしい子供心を取り戻せますように。

山下公園、1年で最も華やかな季節まであと少しです。

筆跡心理士養成講座、受講生募集中

コメントを残す