筆跡診断は人を決めつけるためのもの?

地元の公園に猫たちがいます。

ほとんどの猫は警戒心が強く、自分からは近寄ってきませんし、
こちらから一定以上近づくと逃げてしまいます。
でも、辛抱強くアプローチすると距離が縮まってくるのがうれしいです。

さて、文字の書き方にも犬型と猫型があるのをご存じでしょうか?
好奇心が強く社交的な犬型と、内向的な猫型。
タイプの違いはどこに表れるかというと、紙の余白の取り方です。

写真の猫は植え込みのそばに体を寄せていますね。
まわりに何もない道の真ん中にいるよりも、安心できるからです。

猫型の性格の人が文字を書くときも似たような心理がはたらき、
はがきなども紙の端、ぎりぎりの位置から書いていく……
というふうになるわけです。

ただ、同じ猫でも性格の違いがあるように
猫型の特徴がある人も、
ほかの特徴と考え合わせればさまざまなタイプに分かれます。
まったく同じ診断結果になることはありえません。

少しだけ筆跡診断を学んだ段階だと、
「あっ、この人は〇〇な人!」とか
決めつけて満足してしまいがちですが、
それだけではお遊びのナントカ占いと変わりません。

なので、自分の講座を通して最終的に伝えたいのも、
レッテルを貼ることではなく、まったくその逆のことです。

可能性に注目すること

「こう書く人はこういう傾向が強い」というのは確かにあります。

でも、知れば知るほど人間って多面的なもので、
どんな人にもいろいろな可能性が潜在していて、
しかも自分次第でそれはどんどん引き出せます。
そうやって喜びいっぱいの毎日を創っていくことができます。

長所と短所だって、コインの裏表のようなものです。

ならば、筆跡を通じて知ったそれらのことを
どんなふうにとらえ、どう生かせば
みんながもっと良くなれるだろうか?

長い間考えてきました。
そして、人間関係、仕事、勉強etc.を通じて
トライ&エラーをくりかえしてきた結果、
見えてきたものが、自分なりにあります。

それを一人でも多くの人と共有して、
納得てきたら取り入れてもらい、
良い人生につなげてもらおう。
そのためにできることを最大限やっていこう。
というのが私の使命感でありモチベーションです。

今度の講座のラストの場面で
しめくくりとして自分が話している言葉が、
今ふっと降りてきました。

「           」
そう、そういうことなんです。

……ちょっとあぶない人みたいですみません(^^;

でも、ぜひともあなたに伝えたい言葉なのです。

今回はご都合が合わないあなたとも、お目にかかって
お話ができるときを楽しみにしていますね。

筆跡心理学1DAY講座のお知らせはこちら

 

コメントを残す