長寿遺伝子ふたたび

長寿遺伝子再び

7月1日の記事の反響が大きく、びっくりしています。

折しも今日、長寿遺伝子を特集したNHKスペシャルが再放送されました。1回目は見逃したので楽しみに見ましたが、とてもわかりやすく面白い番組でした。

寿命に近づき、シワシワで毛が抜けてボーッとした表情のサル。同い年だけれど、カロリー制限で長寿遺伝子サーチュインが働いて、つやつやフサフサお目目ぱっちりの元気そうなサル。。。

やっぱりビジュアルで違いを見せつけられるとガーンときますね。

カロリー制限しなくても長寿遺伝子をオンにしてくれるレスベラトロールの話も出てきましたが、あまりそれに頼りすぎるのもどうなのかなと思います。

内臓脂肪を減らしたり、筋肉や骨を鍛えて若々しく保つためには、やはり日頃の食事や運動を意識しないとムリでしょう。認知症の予防にも、生活習慣の見直しやストレスの軽減が最重要ポイントになります。

具体的にどうすればいいかはこちらでご紹介した本に詳しく書いてあります。(カロリー制限のほかにも、控えたほうがいいもの(たとえば高脂肪な食品)、逆に積極的にとるといいもの(たとえば認知症予防なら週3回以上の野菜ジュースか果物ジュース、適量の赤ワイン、アルツハイマー予防にはターメリック(ウコン)など)、自宅で簡単にできる下半身強化のためのトレーニングも図解入りで載っています。

体は精密機械のようなもので、あらゆる体内物質や細胞や器官が連携して成り立っていますから、外から何かを加えてどうにかしようとするよりも、まずは日々の生活を改善して、本来の機能がスムーズに働くようにすることが一番大切だと思います。

などと書きながら、手持ちのサプリメントに実はレスベラトロールが含まれていたことを最近知って、さっきも2錠飲んでしまいました(^_^;)医薬品ではないので劇的な効果はないでしょうけど、プラシーボ効果もあなどれませんから(笑)

良いものはそれなりに利用しつつ、健康に暮らしていきたいですね。くどいようですが、開運も潜在能力の発揮も自己実現も、健康というベースがあってこそ、ですから。

コメントを残す