下半期の展望は?

上半期の展望は

今年も、残り半年を切りましたね。

「もう半分すぎてしまった」

「まだ半分残っている」

あなたの感覚は、どちらに近いでしょうか?

いずれにしても、現状を見て、仕切り直すのにふさわしい時期です。

「目標を達成するために、もう一度気をひきしめたい」

「同じあやまちを繰り返さない自分になりたい」

「今は出口が見えないけれど、希望を見出したい」

依頼してくださった方一人ひとりの思いは、ネットを通してでも、それはもう、痛いほどリアルに伝わってきます。

思いをしっかりと受けとめたら、自分を空っぽにしてひたすら数字を割り出し、カードを切り、サイコロを振り、怒涛のように言葉に置き換えていきます。

便宜上というか、伝わりやすさを考えて「運命鑑定、メール鑑定」という言葉を使っていますが、お渡しする結果には、良いとか悪いとかの評価は入っていません。その点は筆跡診断とまったく同じです。

「人間万事塞翁が馬」のことわざ通り、ある局面だけを切り取って幸不幸を判断するのはナンセンス。人生には何があるかわからない、というのは、ある程度の年月を生きた人間なら誰しも感じていることでしょう。

もうダメだと思うくらいガックリする出来事もあるかわりに、思いがけない嬉しいことだって、生きていればきっとあります。占いですべてを見通すことはできませんが、これから起きることの前兆や対処法を知りたいという時には、非常に頼りになります。

私のサイトを知っていただいたのも、ひとつのご縁。

「頼んでみようかな」と思っていただいたのも、もちろんご縁。

あなたと私にこうした縁ができることも、運命の女神は織り込み済みなのかもしれません。

そうして「この結果をあなたはどう使う?」と、微笑みながら問いかけているのかもしれません。そう、占いはあくまでも自分の意志で使うものです。

結びに。

すべての悩める方々に、この言葉を贈ります。

「私たちはどんな時にも、自分が学び、成長を遂げるために、最適の場所にいるのです」(ジェームス・アレン)

コメントを残す