『やってはいけない風水』と筆跡診断の共通点ー気づいて直すことの価値

やってはいけない風水

テレビ朝日『お願い!ランキング』から生まれた本、『やってはいけない風水』。

(余談ですが、「おねがいらんきんぐ」と入力すると、自動的に「!」マークを入れて変換してくれるWordにちょっとビックリです)

テレビでこのコーナーを見るたびに「気をつけなくちゃ」と思っていましたが、気がついたらイラスト満載のわかりやすい本になって、ベストセラー街道をバク進中のようです。

玄関に靴を出しっぱなし、トイレを飾る、フタをしていないゴミ箱。。。

指摘されていることは、きわめて具体的でシンプル。気をスムーズに流し、家の気をきれいに保つためにはどんなことがNGでどんなことが必要か、風水初心者でもよくわかります。

もともと風水を使った開運法は好きなほうで、いろいろな流派の情報を仕入れ、ポイントはおさえた気になっていた私ですが、実はいくつもやり残していることがあったのに気づきました。

多少知識があったとしても、実践を怠っていたら意味がないですよねぇ、まったく(^_^;)

この『やってはいけない風水』の秀逸なところは、サブタイトルにもあるように「気づいて直す」という行動を促してくれるところです。

ほとんどが今すぐできるちょっとしたことばかりなので、ハードルは低いです。

私も、仕事にからんだ部分をさっそく改善してみました。これまでの経験では金運と仕事運はすぐ結果が出るので、楽しみです。

風水に限らず、自分の運気に影響しているマイナスポイントに気づいたら、素直に直すことは、ものすごく大切。

私も、筆跡性格診断では、マイナスの影響を与えやすい筆跡。。。たとえば人と衝突しやすい筆跡や、危ない橋を渡りたくなってしまう筆跡は直していただくようにおすすめしています。

ご本人が行きたい方向にそぐわない筆跡(これは人によって変わってきます)がある場合も、「こういう書き方に変えてください」とおすすめしています。

人は無意識のうちに、文字で自分の深層心理の状態や行動パターンを表現しています。筆跡心理学は、それに「気づいて」、より生き生きとした人生を送るために「直すべきは直す」お手伝いをするものです。

言葉、態度、考え方、生活習慣。きっと何でもそうですね。自分も人も幸せになるためには守るべき約束事を、知らず知らず、あるいはわかっているのについ破ってしまうのが私たち凡人。

なので、小さなことでも気づいて直せるのは、価値あることだと思います。

実際、「気づいて直す」をひとつでも実行すると、気持ちよくなります。つまり、自分自身の持っている気がよくなるので、その分よい運気を引き寄せやすくなっていくのです。

コメントを残す