あなたのためにあたしは歌うわ・・・戸川昌子さんの筆跡

togawasan

「青い部屋」のライブでお会いした戸川昌子さんのことは、今でもはっきりと覚えています。

レインボーカラーの髪に真赤なドレスがよく似合う、とても気さくな方でした。

本を2冊購入したら、2冊とも、違う言葉を添えてサインをくださいました。

もうひとつ印象的だったのは、こんな場面。

ステージに出ていかれる時、足場がちょっと悪かったのでスタッフが「気をつけてください」と声をかけたのです。

そのときの戸川さんの返事は

「ありがとう」ではなく

「うるさいわねっ!」(怒)でした。

本気で怒るその姿から、老人扱いしないでちょうだい!という気概が伝わってきました。そうか、だから若いんだな~と感嘆。

亡くなられた今、改めてサインを拝見すると、ページいっぱいに書かれた文字のなんと奔放なことでしょう。

不屈の意志とパワー。集中力。シャープな感覚とホットな優しさ。そしてアーティストらしい魅力をたたえた筆跡です。

作家としてシャンソン歌手として確かな足跡を残した戸川さん。

戸川さんにしか描けない世界に、大きな刺激をもらいました。

型破りで、華やかだったその姿が、肉筆を通して活き活きとよみがえってくるようです。

aoiheya

コメントを残す