八時一五分は毎朝やってくる(原爆の日に思う)

しずかに耳を澄ませ
何かが近づいてきはしないか
見きわめなければならないものは目の前に
えり分けなければならないものは
手の中にある
午前八時一五分は毎朝やってくる

一九四五年八月六日の朝
一瞬にして死んだ二五万人の人すべて
いま在る
あなたの如く 私の如く
やすらかに 美しく 油断していた。

(石垣りん「挨拶」原爆の写真によせて より)
今日はどうしてもこの詩を載せたかったのです。

全文はもっと長いものです。「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」「石垣りん詩集」などの本で読めます。

今朝の朝日新聞には、このような記述がありました。

<国会で説明した児玉龍彦・東大教授によれば、福島からは広島原爆20個分の放射性物質が飛散した。>

「自分には関係ない」
「自分さえよければいい」

そんな言葉が通用しない世界に、私たちは生きているのだと思い知らされます。

それは今に始まったことではなく、核利用が始まった時からでもなく、本当は地球の始まりからそうだったのですけれど。

他の生き物の上に立ったと思い込んだ、人間の傲りと私利私欲と油断が今の状況をつくったのでしょう。

傲りと私利私欲と油断。これは運命学的に見ても最悪のあり方です。

大難を招いても文句は言えません。

ここからどう軌道修正していくか。及ばずながら考えています。個人レベルでも、以前と同じ行動が通用しないことだけは確かです。

2 comments

  1. 秋月美南 says:

    hiroさん、こんばんは^^
    そうですね、原爆の日と一言で言ってしまうと、
    そこに生身の人間の命と生活があったということが
    見えなくなりがちですね。
    今起きていることも同様で、いたずらに恐れるのも
    良くないですが、危機感はつねに持っていないと。。。
    との自戒の念を込めて書かせていただきました。

  2. hiro says:

    この記事を読んで、一瞬で多くの人たちの命が奪われたという事実を
    あらためて思い出しました。

    福島の方が放射性物質をはるかに放出している事も同様です。
    僕らはもっと事実を認識し、行動を変えなければいけませんね!
    油断していた自分を反省します。

    ありがとうございます。

コメントを残す